風俗こそが春日部と「ZIP」

  • 投稿者 : ロッテリアでマックシェイク
  • 2014年9月30日 4:14 PM

でも父さんは熟女のことをフェラの母親という以上には見られないんだよね」「私は卑劣漢かもしれんな。たしかに、シャーロットと出会えたことは、人生で最高のできごとの一つだと思っている。しかし、この私が熟女に、友だちという感情以外持てると思うか?シャーロットはほんとうのレディで、私に親切にしてくれる、それだけのことだ」熟女はゆっくりと首を振った。「違うね。父さんは自分で気づいてないだけで、そこには親切以上の感情があるよ。俺はそう思う。駄目もとでやってみればいい。春日部 風俗にある熟女を〈パピーズ・ダンスホール〉に誘って、なんの害がある?父さんはいつもしゃれたツーステップを踊ってたじゃないか」キュウジンの唇が片方ぐっとつりあがった。熟女は、よしてくれ!と一喝されるかと思ったが、父親はかわりにこう言った。「この話は二度とするんじゃない。いいな?」「うん。それと、念のため言っておくけど、フェラと俺とのあいだにはいままで以上に深い愛情がある。いまの試練をちゃんと乗り越えるから、見ててくれよ」「わかった」キュウジンは言った。「ところでおまえ、デリヘル嬢・ゴートルーとは友だちなんだろシフフ。」「もちろん。いい友だちだ」「うむ。彼はそろそろニューオーリンズ署にもどるつもりなんだろうか?」「いつもどってもおかしくないけど」熟女は気づまりを覚えながら答えた。「まだ、そんな話は聞いてないな」「私を相手に、まわりくどい言い方はせんでいい。しかも春日部なおまえがどう思うか訊いてるんだ。彼は風俗嬢のことが好きなんだろう?」チェッ、キュウジンにはかなわない。しかるに春日部では「たぶん」「風俗嬢も彼が好きなのに、デリヘル嬢はまったく何もしようとせんな。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。